2013/09/15-16 若狭キャンプ with 台風18号マンニィ


荒天のなか決行してしまった、先日のキャンプ企画。





最後まで全員無事で帰還しました!

a0255446_1922114.jpg






まず一日目、関西組は京都市役所に集合
a0255446_1923828.jpg


早速カッパを着込んで、鯖街道を北上していきます

こんな天気にもかかわらず、かなりの台数が集まりました (主に京都から)
a0255446_19233827.jpg


道の駅 若狭熊川宿 に到着、ここで名古屋組と合流
a0255446_19241383.jpg


雨脚がガゼン強くなるなか、小浜市内のご飯屋さんへ・・・
a0255446_19253492.jpg


かねまつ にて海鮮丼ランチ
配膳待ちの間も、外の天気はすさまじかった~・・・
a0255446_192673.jpg


日帰りチームのみなさん、帰路のほうが大雨すごかったようで・・・
無事帰られて安心しました m(_ _)m
a0255446_19262695.jpg


さてさて、お目当ての海鮮丼!
あら汁はおかわり自由の飲み放題!
しかし、極度の空腹により、ヤングメンはご飯もおかわりで腹パン状態。
a0255446_19283221.jpg


食後は、ちかくの小浜市役所で記念撮影
こんな日にたくさん集まっていただき、ありがとうございました!
a0255446_193087.jpg


日帰りチームとのお別れした後、宿泊チームは舞鶴めざして西へ向かいます


が、トホホなほどの土砂降り、日本海。
もはや雨で濡れるのがどうでもよくなってきています。汗
a0255446_19332772.jpg


そして、何事もなく宿泊施設に到着
幸いなことに、屋根あり壁あり、コンセントあり!
a0255446_19344371.jpg


そんななかで、果敢にもあえて悪天候に挑戦する面々。
まさにサバイバル、この満足げな表情がすべてを物語っています
a0255446_19354056.jpg


寝床を確保したら買い出しにいってきたけれど、再度もどってくるときには、
突発的な大雨により、道路がやや冠水。

くるぶしくらいまでの深さがあったんではないでしょうか・・・


さぁ、ここからはお待ちかねの宴会タイム!
a0255446_19393853.jpg


外は強風だったけど、もんのすごく快適に過ごせました!
a0255446_1940856.jpg


一方で、TRY the テント! 好っきゃねぇ・・・!
a0255446_19425939.jpg





翌朝。
a0255446_19434732.jpg


舞鶴 (といってもほぼ小浜・高浜あたり)、夜通しかなりの暴風でした。
明け方、いろんな人から心配の連絡をもらいましたが、
現地ではまったくの無問題。


いやぁ、宿泊施設に恵まれましたな、今回も。
a0255446_19451229.jpg


さて朝ごはんは、名古屋名物おぐらトーストに、ゆでたまご。
名古屋組の愛を感じましたよ。(ハート)
a0255446_2074048.jpg


さらにOTAシェフ特製パスタなど、朝から超ガッツリ飯!
a0255446_2081779.jpg


ばっちりとエネルギー補給して、集合写真とったら、キャンプ場を後にします
天気は回復したけど、山から段々おりてくる雨水に気を付けて、いざ出発!
a0255446_209548.jpg


東にむかって走っていると、日本海がえらいことに・・・!
北陸の人達に聞いたら 「よくある光景やね」 とのこと。

僕らにはショッキングな景色でした。
a0255446_20104258.jpg


それからは迂回を重ねて走行してきたものの、ついに通行止めの看板が・・・
全員がかりでルートを確認しまくるも、八方ふさがりで、すでに陸の孤島状態。
a0255446_2012173.jpg


かなり苦悶を極めていたところ、京都組の機転のきいた判断で、


・・・なんとかなりそう?



選んだ最良のルートでも、山から落ちてきたものが飛散していたり、
a0255446_2014555.jpg


道が川のようになっていたり、
a0255446_20145612.jpg


土砂を撤去しはじめている道だったり、
a0255446_20154375.jpg


いままで走ったことのない環境で、見たこともない光景が多かったですが、
なんとかかんとか無事に滋賀県まで来れて、ホッと一安心。
a0255446_20161340.jpg


「道は自分で切り開いていくもの」 という格言も飛び出し、
a0255446_20182925.jpg


走破できたときは、太陽も西に傾き始めていました。
a0255446_20171749.jpg


しかし、ここからがマスマス大変なのでした・・・


琵琶湖ぞいで突風のなかを走行、さらに冠水がめだち、とてつもない渋滞。
抜け道もすべて通行止めで、バイパス経由で京都まで帰ってきました。

大阪組はその後、なんということもなくアッサリ帰宅。


今回の過酷な旅で、相棒はご覧の泥まみれ状態。
a0255446_20194886.jpg



でもどんな悪路でも走り切れてしまうあたり、「このマシンはタフだなぁ」 と再認するのでありました。


皆さんにはいろいろとお騒がせしましたが、
今後は中止・延期などの勇気ある決断ができるようにもしたいですね・・・^^;


「とにかく無事で帰れてよかった!」という、なかなかにしてハードなツーリング。
やり遂げた感もハンパない!?



**************************************************


以下、事務局からのコメント。



ota: この度は悪天候の中にも関わらず、日帰りにてご参加下さった方々、本当にありがとうございました。みなさん本当に走るの大好きですね〜!!笑 
このブログが語ってる通り、数々のドラマがあり、本当に楽しい旅(キャンプツーリング)でした!!
KLOCの「K」はキチ○イの「K」に変わりましたので。。。笑  
今後ともKLOCを宜しくお願いします。


umesaka: 帰宅してからニュースを見て、唖然としました。現地ではそこまで甚大な被害もなく、行き先の道路状況しか検索していなかったので・・・ まぁ、最後まで大きなトラブルもなく過ごせたのは何よりでしたが、やはり何かあってからでは・・・!?
今回のツーリングはとてつもない経験になった反面、いろいろと学ぶ点や教訓も多いものでした。 それもこれもひっくるめて今後の課題、そして糧にしていきたいと思います。 よろしくお願いします!


yoshimiya: 今回参加して下さった方々、ありがとう御座いました^^
わたくし今年が人生初キャンプだったんですが、こんな過酷な状況でも正直めっちゃ楽しかったです!!
ただ、たくさんの方々に心配をおかけしたのは猛省します。
今度からは、天候には十分に気を付けてイベントの企画をしたいと思いますので、お付き合いよろしくお願いします。



**************************************************
[PR]
by KLOC | 2013-09-20 12:29 | EVENT | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
←menuへ